枚岡神社のミツバチが消えた巣箱を展示します。9月22日エコ縁日

このエントリーをはてなブックマークに追加

BeeForest枚岡神社の巣箱の状態がおかしいと・・・権禰宜の濱上さん(ビーフォレスト・クラブ会員幹事)から連絡あり。2015.09.06夕方
中を見てもらって・・・ハチがほとんどいないので、とりあえず採蜜してもらって・・・。ケースに入れてもらいました。・・・7日の午後に行って。
でも、ハチミツもあまり残っていませんでした。
2〜週間以上前に、ミツバチは、既にいなくなったと思います。
ミツバチがいなくなった原因は、分かりませんが、巣の状態から見た可能性として・・・スズメバチにやられた。
・・・それ以外の外的要因による失踪。・・・これがいろいろ詮索させます!?
ミツバチがいなくなった巣でも、ミツバチの出入りがあるので外から観察していると、あたかもミツバチがいて、問題が無いように見えるのです。
ところが、残っているハチミツを他の群れのミツバチたちが取りに来ていたのです。
しかし、開けてビックリ!です。
今回もそのような状況だったと推測されます。
原因は、どうあれBeeForest活動で私たちが置いた巣箱のミツバチは元気に巣を作っていたわけです。以前、私が持ち上げたときは、すごく重かった。巣をハチミツで満たしていました。
ということは、
枚岡神社の森の木々の花々を訪れて、いっぱい授粉したという証拠です。
数千万から億の花々を訪れないと・・・働いて消費しながら、巣をハチミツでは満たせないのです。
ミツバチはいなくなったけれど、充分森をつくることに貢献してくれたということです。感謝!
また、来年の春もまた巣箱をみんなで用意して、入居してもらいましょう!
この巣の形は、オーソドックスなスムシの発生がない綺麗な巣です。
変形したり、問題のある巣を見分けるためにも、この巣をよく観察するようにしましょう!
ということで、
今月9月22日にビーフォレスト・クラブの活動を知っていただき、会員の募集、自然養蜂無料観察会(無料)への参加促進のために出展する「ECO縁日2015」に持っていって展示する予定です。この巣を展示します。
当日は、蜜蝋とハチミツを使ったリップクリームつくりのワークショップ(参加費500円)などを行い、動画での活動紹介などを予定しています。
是非、覗いてください。
会員の皆様には、展示するこの巣を利用して、蜜蝋つくりのワークショップを後日機会を見つけて行うと思います。お楽しみに!
ECO縁日2015→ 花博記念公園鶴見緑地中央噴水広場 36番ブースに出展


撮影:福島りえ