環境省から「自然公園指導員」を委嘱されました

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年(2015年)の夏頃、「ミツバチと森をつくる」BeeForest 活動が新聞に掲載されたのをご覧になったある方から連絡があり「自然公園指導員」に推薦したいのとのことでした。
実際、何を行うか分からなかったのですが、国定公園や国立公園の環境、景観保護や、公園の有効な機能維持や不備、不法投棄、利用者へのアドバイスなどを監視、指導するボランティアです。
奈良県からの推薦で、環境省の委嘱となります。
今日、2016年3月31日に書類、腕章、身分証明、バッジ、手帖、・・・などが環境省から届きました。

BeeForest 活動で国定公園や国立公園にもよく行ったりしますし、奈良県立公園の神野山にも「BeeForest神野山」があったりします。
また、我が家の裏山にある春日山原始林をはじめ、大和青垣国定公園の高円山は散歩コースです。
「ミツバチと森をつくる」BeeForest 活動を行うタイミングでの「自然公園指導員」は、不思議なご縁を感じます!?
「もっと、森を歩いてBeeForest 活動をしなさい!」と、言われているようです!

新米の「自然公園指導員」ですので、いろいろ学習しながらお役に立てればと思います。

「自然公園指導員」とは、→