はじめての大和ミツバチとの出会い「自然養蜂観察会」2016.09.04

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月4日は、台風で雨が降るか降らないか・・・微妙な開催状況でしたが、何とからっと天気!
今回の観察会は、大和ミツバチ(ニホンミツバチ)と触れ合う体験!です。
元気に飛んでいくミツバチたち。
蜂蜜を薄めた液を手に付けて、ミツバチを誘います!
ほら乗った!
おとなしいいでしょう。
やってみますか?
・・・怖いからダメです。
わたしは、やります。・・・乗った乗った・・・。
・・・私は怖いから、でも・・・
少しならと、指先に蜂蜜を塗りました。
・・・大丈夫かしら・・・という間に他の人は、乗ってる〜、乗ったー・・・
・・・知らぬ間に、蜂蜜付けた指先は、ミツバチの目先まで届いてた。
・・・じっーと、して待って下さい。
・・・ほらっ!
可愛い、可愛いですね。怖くないですね。
ペロペロ、オレンジ色の細長い小さな舌で、蜂蜜なめているのが分かります。
可愛いね・・・
と、大和ミツバチへの恐怖心が・・・可愛いねと小母さんは、180度転換しました。

ミツバチは刺すんですか?
・・・刺しますよ!でも、一度、刺すとミツバチは死んでしまいます。
刺すときは、よほどのことがない限り・・・巣や幼虫を外敵から守るときです。
スズメバチやアシナガバチなどは、他の虫を刺して殺して食べます。
何度でも刺しても死にません。

夏場の蜂場には、タラノキの白い花が咲いています。
ハチの羽音が心地よく響きます。その方に目をやると、
ミツバチたちは、一生懸命小さなタラノキの花を訪れては、花粉と蜂蜜を巣に運んでいました。
・・・森の木の花を、このように授粉しているんですね!

次回の、「ミツバチと森をつくる」自然養蜂観察会は、10月2日です!
12時半に奈良公園の南大門集合です!(参加無料)
初めて大和ミツバチとで会えますよ〜!
また、ご案内します。