2018.04〜 「しあわせの田んぼ」でお米づくりが始まります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.08日と14日 苗代(種まき)の準備

▶吉川 浩・明美(観月自然農園)が10年以上行っている自然農法での米づくりを「習いたい方」「私もいつかやってみたい!」という声にお応えして「しあわせの田んぼの会」として行っています。

しあわせの田んぼの風景→

「しあわせの田んぼの会」とは→

▷自然農法(不耕起無施肥無農薬)でお米をつくりのお手伝い!
春夏秋を通じてAtoZを体験してください!


自然農法はほとんどが手作業ですが、
・・・分かれば分かるほど、やればやるほど楽になる方法だと思います。
言葉の理解に留まらず、作業しながら体感して下さい。
とにかく真似ることです。
田んぼがあれば今年からでも真似すれば出来ますよ〜!

▶①来年どうしても自分でやりたい人・・・相談に応じます!
「しあわせの田んぼ」を来年はやりたい人に開放する予定・・・ただし、参加人数によってやり方検討します。・・・ただし、役割を持って参加しましょう!
▶②先々やりたい人、経験したい人も参加可です。
同じことをして、分からないところを質問しましょう!

★参加方法

「しあわせの田んぼの会」とは→
をご覧下さい。
どなたでも出来ますが、実践目的でやりますので、小学生以下の子供さんは見るだけです。
「しあわせの田んぼの会」入会の申込先メール: rumi@creativehybrid.com
★参加者多数の場合は、実践予定者を優先します。
また、お断りする場合があります。ご了承ください。
参加できる範囲(時間、回数)で参加してください。
▶①の人は、大切な段階を逃さないように!(聞いてください!)

★開催日時は天候次第で変わります!
農作業に相応しくない天候の場合、中止(こちらでやります)、延期等の告知を、しあわせの田んぼFaceBookで行います。多分前日には行います・・・。
ただし、水の管理や、除草作業、田の補修などの役割を持った場合は、天候とご自身の都合で行っていただきます。

★開催、集合場所は「しあわせの田んぼ」→ 奈良県奈良市、奈良公園の南、春日山原始林山麓です!

★報酬なし・費用(会費のみ)・楽しみ
みんなで企画していろいろやりましょう!
12月は、餅米が出来れば・・・毎年、餅つきしています!

★稲の種類・・・ヒノヒカリ(うるち米)、餅米、古代米(黒米)、その他(アサヒ:うるち米)の4種類予定。

★必要な服装と道具
・・・こちらにある道具・モノでやりましょう!
・・・長靴か畦足袋どちらか必須!軍手も必須。夏は帽子と手ぬぐい必須!
その他の服装や弁当・飲み物などは各自、都度考えながらやりましょう!
・・・来年、いつか?ご自身でやりたい人は、順次購入して下さい。(聞いてください!)

◆作業Step スケジュール

(1)2018.04.08(日曜) 苗代(種まき)の準備
・・・苗代の場所決め、スコップで周りの溝掘り、苗代への水路づくりを行います。
(注意)小雨決行!
午前10時頃から午後3時頃まで
集合場所は、「しあわせの田んぼ」

(2)2018.04.14(土曜) 苗代づくりと種おろし(種まき)
・・・種をまくための籾の選別、苗代づくり、
(注意)数日天気が続かないと出来ない作業なのです。
午前10時頃から午後5時頃まで
集合場所は、「しあわせの田んぼ」

(1)(2)は、こんな感じです!→

(3)以降の作業スケジュールは、都度 FaceBookで告知します!

観月自然農園(大和ミツバチ研究所) 〒630-8301 奈良市高畑町445-1
吉川 浩、明美