神社境内のオオスズメバチの巣(奈良市高畑町)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オオスズメバチは、寝静まってから駆除します

近所の神社からオオスズメバチの駆除の依頼がありました。近くで人が、なんと目を刺されたりしたようです。様子を見に行くと軒下に20センチほどの巣がありました。

 

漆喰の壁と柱にくっついていて、切り離す必要がありました。白い漆喰の壁を傷つけないよう綺麗に切り離すために、ゆっくりと作業をする必要があります。また、全ての蜂が巣に帰った夜に作業をすることにしました。
まず、巣に忍び寄って出入り口を確認します。一ヵ所でした。絆創膏のように入り口を閉じます。そして、切り離すときに切り口から蜂が飛び出す場合があるので、捕獲網(玉ねぎを入れる網)を被っておきます。

静かに静かに作業をします。そして、神社の壁もほとんど傷を付けないで無事切り離し完了しました。