トゲナナフシが薪割りに出現

このエントリーをはてなブックマークに追加

薪割りの最中に珍客が現れました。
木の枝にそっくりなナナフシです。
身体に小さな針のような物が出ていますので、これはトゲナナフシです。
なかなか珍しいそうです。
メスだけで産卵して増えるとか・・・しかし、数年前に大阪でついにオスが発見されたとのこと。
生態はまだまだ解明されていないらしいいです。
どうみても擬態して木の枝そっくりです。
背中の小さな針は、毒もなく刺さるほどのものでもなく、
あくまでも木の枝に似せるリアリティーのためらしいです。
凄い!

木の葉蝶などもそうですが擬態の昆虫を見ていつも思うのですが・・・
擬態をしている自分自身を見ることが出来ないのに・・・
どうのようにして木の枝のように擬態していったんだろうか?
木の存在を何かで感じているのか?
木の方からの影響なのか?・・・
不思議です。眠れなくなる。
薪は、やっと延べ約1トンほど割ることが出来ました。
もう少しです。